今シーズンからの変更点

 

昨年は、培地に「ロックウール」という、

水耕栽培でよく使われる人工繊維を固めたものを使っていました。

いろんなメリットはあるのですが、成分が鉱物からできているので、

収穫が終わって片付ける際に、普通に捨てることができませんでした。

簡単に捨てられる・定植も簡単という効率面から、

今回はホームセンターでもよく見かける育苗ポットを使っています。

通常の育苗ポットの底は丸い小さな穴が空いているだけですが、

今回使っているのは底が全部くり抜かれているものです。

成長するにつれ、ポットを置いているヤシ繊維の培地にそのまま根が伸びていきます。

さてさて、成長が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください